読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け出し陸マイラー

マイルをできるだけ楽に大量に稼ぐリアルな実践

あなたにも欲しい分だけマイルが手に入る!まずはここから。

長期滞在するときのANA航空券の買い方Tips

スポンサーリンク

follow us in feedly

今年は海外に長期滞在する予定があります。そんな長期滞在する経験は今までなかったので航空券の買い方も色々分からず、ANAに電話で問い合わせて色々聞いてみました!

帰ってくる日程が細かく決まってない

運賃規則の変更が手数料なしで可能なものを選びましょう。

安いチケットはvalueやsuper valueと呼ばれる、変更や払い戻しができないものが多いですが、変更するつもりならその種別は避けないといけません。

6ヶ月以上滞在すると急に倍近く値段が上がるけどなんでだろう?

運賃規則が変わるからです。

ちなみに、プレエコやビジネス、ファーストクラスのチケットでは6ヶ月以上の往復でチケットを買うことはできないそうです。往復チケットで6ヶ月以上間を空けて変えるのはエコノミーのFlex運賃規則だけだそうですよ。長期滞在の往復チケットでは事実上これしか選択肢がないですね。

片道運賃ってものすごく高くない?

それが往復割引なしの正規運賃です。

帰ってくる日程や6ヶ月以上滞在するかわからないからとりあえず片道を買おうと思うと、ものすごい正規運賃の高さを知ることになります(笑)

いろいろ調べていて分かったのですが、航空会社の本国へ戻っていく片道は安いです。日本へ帰ってくる片道のANAとかを調べると普通にいつもの往復チケットの半分ぐらいで片道が買えます。

往復チケットの復路キャンセルって大丈夫?

大丈夫です。税金は払い戻しされます。

割りと検索しても、「大丈夫だ」という意見と「大丈夫じゃない」の意見がまとまらないこれですが、今回ANAに聞いた限りでは大丈夫とのことでした。片道キャンセルは正規往復なし運賃との比較がされるため、運賃の払い戻しはされませんが、税金分は別に払い戻してくれるそうですよ。差額徴収もされないそうです。

オススメ記事

okamiler.hatenablog.com

okamiler.hatenablog.com

okamiler.hatenablog.com

okamiler.hatenablog.com

okamiler.hatenablog.com