駆け出し陸マイラー

マイルをできるだけ楽に大量に稼ぐリアルな実践とマイルで世界を飛び回る記録。記事日時が古くても随時更新しているのでご安心を!

バンクーバーで使える現地SIMカード

以前台湾に行ったときにはすごくお得だ!と思える現地のSIMカードがありました。

blog.mileage.world

今度の滞在に向けてバンクーバーのSIMカードを探しているのですが、カナダの通信は噂通り高いです!安いとおすすめされるFIDOという会社でもこんな感じです。

f:id:shishi4htn:20170515172418p:plain

データ通信が特に高いです!このご時世にデータ通信がここまで高いところがあろうとは正直思っていませんでした。カナダはアメリカに近いこともありITサービスでも先進的な企業が集まる地域でもあるので、これは意外です。

電話をするにもカナダ内で遠いエリアだと別料金がかかったりします。国土が広く、過酷な地域もありますから分からなくはないですが、通信インフラの発達は遅れているようです。国土の狭い日本のようには行かないようです。

しかも旅行者の身分ゆえ月額プランという形では契約できないためプリペイドプランになるのですが、有効期間が30日しか無いですから忘れそうで怖いです。90日ぐらい有効期限があってくれれば嬉しいのですが…

こういう世界共通SIMももちろんその利便性ゆえ設定料金は高めなわけで、まだまだ先進国でも安価で快適な通信インフラは整っていないことを確認することになりました。

www.gigsky.jp

追記

バンクーバー生活を終えて、結局4Gの速度と料金のバランスで言うとFIDOはすごく良い選択肢であったと思います。

とにかく安さだ!という方には7-11で売っている7-11 Speak out SIMが良いと思います。これは料金で言うと最安レベルになりますが、カナダの携帯大手の一つ、Rogerの通信設備を借りているのでカバーされている範囲は問題なく、どういう金額をチャージしても他社が30日が当たり前のところが100日の有効期限設定です。

その利便性と引き換えに、3Gの通信しかできません。まあ実際3Gでも外出先でYoutube等動画をガンガン見たい!というような使い方でない限りは実用上困ることはないと思います。

Speak out SIMの利点はもうひとつあって、オンラインで日本のクレジットカードを使ってチャージできます。カナダの通信会社はFIDOなどカナダのクレジットカードしか許可していないはずなんですが、僕の確認した範囲ではなぜかSpeak out SIMだけ日本のクレジットカードで決済できました。

こういう理由と、カナダではそこら中にWifiが通っているのでそこまで携帯電波が重要ではないと感じたので最終的には僕はSpeak out SIMを使っていました。こちらもオススメです。