駆け出し陸マイラー

マイルをできるだけ楽に大量に稼ぐリアルな実践とマイルで世界を飛び回る記録。記事日時が古くても随時更新されています。

バンクーバーから州都ヴィクトリアへの日帰り旅行

スポンサーリンク

オーロラツアーで北極圏そばまで行って帰ってきてすぐ、日本から友人が遊びに来たので久々の再会をし、友人と一緒に僕もまだ行っていなかった州都ヴィクトリアへの日帰り旅行ツアーを手配して行ってきました!

州都ヴィクトリア

バンクーバーがある州はブリティッシュコロンビア州と言います。通称BC。名前の通り、イギリス系の文化が強い州になります。逆に、一番最初の方にカナダに植民に入ってきたのはフランスで、当たり前ではありますがヨーロッパに近い東海岸側から人はやってきますので、カナダの東の方にはフランスの影響の強いケベック州があったりします。ちなみにカナダの公用語は英語とフランス語ですが、ほぼ全土で英語が標準的な中、ケベック州だけは今でもフランス語が主なぐらいに影響が強いです。

そしてブリティッシュコロンビア州最大の都市はバンクーバーですが、ここはあくまで経済的中心地です。政治を司る州都はバンクーバー島という離島にあるヴィクトリアという都市です。バンクーバー市が最大都市、バンクーバー島にあるヴィクトリアが州都ということでなんだかややこしいですね。

ちなみに地図だとこんな感じ。

まっすぐ東に行くとアメリカに入っちゃいますね(笑)

このへんはビューティフルカナダと称されるぐらいブリティッシュな雰囲気を今も持つところです。観光地としても有名で一度は行ってみたかったのですがバンクーバーからは「ちょっと」遠いという微妙な距離のため行けていませんでした。ちょうどいい機会をもらいました。

ツアー選び

ツアーは現地の日本人向けツアー会社にお願いしました。最初は英語でのツアーを探していたのですが、日本からの友人が一緒なことを思い出し日本語のツアーを探しなおしました(笑)

現地法人のいくつかを調べたらどこもほぼ一緒でした。まあフェリーの時間や送迎の時間を考えるとそうなってしまうのでしょう。ちなみにHISは他より高くて内容も劣っていましたのでHISだけはオススメしません。

バンクーバー島で行きたかったのはバンクーバー島で有名な庭園であるブッチャートガーデンと、ダウンタウンでの散策です。

www.butchartgardens.com

これは本当にどこも同じ内容でした(笑)離島とは言っても九州程の大きさはあるのですが日帰りツアーだからなのかそれしかないのか…

とりあえずJTB系?なSkylandという現地法人にお願いしました。移動の面倒だけ見てもらうプランにしました。

バンクーバー島へ

当日、ダウンタウンの友人のホテル近くに集合場所の一つがあったのでそちらで落ち合うことにしました。集合時間は午前7時です。僕はダウンタウンから離れたところに住んでいるので結構早起きでした…

僕らを入れて8名でのツアーのようです。他の方はみんな日本からの旅行中の方でした。

ダウンタウンから南下してバンクーバー国際空港も通り抜け、フェリー乗り場へバスで向かいます。

フェリー乗り場へ着くと予定していた便より早い便が臨時便としてもうすぐ出るとのことで1時間早く出航できることになりました!乗ってきたバスごとフェリーに乗り込みます。

f:id:shishi4htn:20170915083549j:plain

f:id:shishi4htn:20170915083617j:plain

フェリーからの景色を眺めながら1時間半ほどの船旅です。船内はレストランや軽食、ビジネススペースなどがそろっており、特に不便なく過ごすことができること思います。

ちなみにフェリー乗り場の地図で、半島南の部分が国境線の向こうになっていますが、この部分はアメリカだったりします。昔に決めた国境線の決め方のせいでここは飛び地のアメリカ領となっています。ワシントン州ですね。学校がないのでスクールバスとかが大変なんだそうです。カナダに編入する動きもあるとか。フェリーの航路でも実はアメリカ国境線をまたぎながら航行したりします。

ブッチャートガーデン

おそらくバンクーバー島に観光に来た人が100%行くところ、それがブッチャートガーデンです。フェリー乗り場からバスで20~30分ほどで到着します。

詳細はリンク先に任せるとして、とにかくでかい個人の庭です。

www.butchartgardens.com

しばらく美しい庭の写真が続きます。

f:id:shishi4htn:20170915084607j:plain

f:id:shishi4htn:20170915084638j:plain

f:id:shishi4htn:20170915084711j:plain

f:id:shishi4htn:20170915084744j:plain

f:id:shishi4htn:20170915084813j:plain

f:id:shishi4htn:20170915084832j:plain

f:id:shishi4htn:20170915084919j:plain

f:id:shishi4htn:20170915085017j:plain

f:id:shishi4htn:20170915084954j:plain

f:id:shishi4htn:20170915085041j:plain

ものすごく広大で個人の庭とも思えないのですが、この恣意的に色々敷き詰められている感じは個人の庭感があります(笑)

コーヒーショップやギフトショップ、レストラン、ギャラリーもあったりしますのでゆっくり過ごせることでしょう。なぜかメリーゴーランドもあります!

ここで1時間強の滞在予定だったのですが、出航が早まったので2時間強滞在することができました。ゆっくり写真を取りながら1週して1時間半だったのでコーヒー飲みながら休憩もできてちょうど良かったです。

ダウンタウンへ

ブッチャートガーデンから30~40分ほどかけてヴィクトリアのダウンタウンへ到着です。

有名な探検家であるキャプテン・クックの銅像があります。

f:id:shishi4htn:20170915085854j:plain

全体的にブリティッシュな雰囲気がたしかにありますね。

f:id:shishi4htn:20170915090020j:plain

f:id:shishi4htn:20170915090039j:plain

州には国会があり、首相がいます。そしてこちらがBC州国会議事堂です。完全にブリティッシュな建物でした。

f:id:shishi4htn:20170915090102j:plain

だいたいのときは内部を見学できるらしいのですが、僕らが行ったときには会合が開かれていたらしく、入ることができませんでした。残念でした。

到着した時間はお昼時でしたので、ダウンタウンを散策しつつイタリアンをいただくことに。昼間のビールがうまい!

f:id:shishi4htn:20170915090418j:plain

その後はまた散歩しつつロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館へ。先住民の歴史や自然、またヨーロッパ諸国が来てから今に至るまでの発展の様子等が展示されていました。当時の建物の再現がされていて中に入ることができたりして相当見ごたえがあり、出る頃には集合時間となっていました。

f:id:shishi4htn:20170915090636j:plain

バンクーバーへ帰還

15時30分頃にヴィクトリアのダウンタウンでガイドさんたちと待ち合わせ、帰るためにバンクーバー島の港へ向かいます。40~50分ほどでした。追加プランとして、バンクーバー島からは水上飛行機で帰るプランもありました。2時間ほどの道のりが数10分になるので、お急ぎの方や帰りは空の景色を楽しみたい方にはオススメです。

僕たちはゆっくり往路と同じようにゆっくりとバンクーバーへ帰り、それぞれ希望の地点まで送ってもらい終了となります。場所は結構融通を効かせてもらえるようでした。ちなみに、このフェリーの航路はホエールウォッチングもやっている場所の近くなので運が良ければクジラが見られるそうですよ。

ガイドさんはバスに乗っている間はバンクーバー等のことを色々話し続けてくださるので、観光知識は色々教えてもらえると思います。住んでる僕としては知っていることがほとんどでしたが…(笑)

この後は友人とバンクーバーのダウンタウンで夕食を取り、お互い1日ツアーで動いて疲れた体を引きずって帰りました…

全体として美しい景色を楽しめた小旅行でした。バンクーバーへお越しの際はぜひ。1日、もしくは1泊してもうちょっとゆっくりされても良いかと思います。