駆け出し陸マイラー

マイルをできるだけ楽に大量に稼ぐリアルな実践とマイルで世界を飛び回る記録。記事日時が古くても随時更新されています。

カナダ東部旅行 その2-1 ケベックシティからモントリオールへ

スポンサーリンク

カナダ東部を巡る旅行、カナダ最古の都市ケベックシティの次はお隣の世界的に有名な都市モントリオールに向かいます。

blog.mileage.world

VIA Rail (カナダ横断鉄道)

ケベックシティからモントリオールへはVIA Railというカナダを横断している鉄道を使いました。

www.viarail.ca

カナダの広大な国土の都市を結ぶ鉄道です。今回の旅は最初と最後の飛行機の移動以外の都市間移動は基本的にこちらの鉄道を使いました。本当はこの鉄道に乗って紅葉を楽しむのも一つの目的だったのですが、その1で書いたとおり、今年は紅葉が遅くで時期はずれとなってしまいました。普通に夏と変わらない青々とした自然を楽しみました(笑)

というわけで、出発、ホテルのチェックアウトは早朝でしたが前日は疲れて早い時間にばたんきゅーしてしまったので起きるのも比較的スムーズです。ささっとチェックアウトを済ませ、ホテルを出発します。ここのホテルを選んだ理由の一つに鉄道駅が近いこともあり、徒歩10分程度の道のりを歩きます。

f:id:shishi4htn:20171103133138j:plain

早朝ホテルを出たところのケベックシティです。ケベックシティはどこをとっても美しい都市だったなあということを思い出します。

Gare du Palais

とことこ歩いてすぐに駅に到着です。

f:id:shishi4htn:20171103133457j:plain

f:id:shishi4htn:20171103133406j:plain

駅舎とその前にあった噴水です。こちらは特に駅舎は到着したときに見てびっくりしましたね(笑)こちらの駅はPalais駅(Gare du Palais)といいます。

駅内部もオシャレです。

f:id:shishi4htn:20171103134250j:plain

ちなみにVIA Railはとても安いです。ケベックシティからモントリオールまで250km程度、3時間ぐらいの旅行ですが、チケットは安ければ30CAD程度、日本円にすると2000円強で買えます。日本の新幹線ほど速くはないですが役割的に比べるとだいたい東京から名古屋が同じぐらいの距離で17000円程度です。新幹線高すぎる!(笑)

もちろんインターネットで事前に購入できて、QRコードを見せればそれで済むというチケットレスも当たり前に導入されています。まあこれはチェックするのが人で済む程度の利用者しかいないゆえスムーズに導入できるということは大きいと思いますが、日本に是非とも見習ってほしい部分ですね。

f:id:shishi4htn:20171103135149j:plain

実際に乗った車両がこちら。いかにも輸送列車!って感じです。

f:id:shishi4htn:20171103135247j:plain

席はこちら。感覚では飛行機のエコノミーよりも広く感じました。

朝食は駅舎にてサンドイッチとコーヒーを買って車内で食べたのですが、慌ただしくしてしまったので撮り忘れてしまいました…

f:id:shishi4htn:20171103135418j:plain

ケベックシティからモントリオールの間は基本的にこんな感じののどかな景色です。

モントリオールまでいくつかの駅に止まりましたが、どこも小さな駅であまり乗ってこられる方はいませんでした。途中に森があったり街があったり牧場があったり、景色を楽しんでいると3時間弱はあっという間で、すぐにモントリオールのモントリオール中央駅に到着となりました。

Gare Centrale

モントリオール中央駅(Gare Centrale)はケベックシティの荘厳なオシャレ感とは打って変わって大きな都会の駅です。

f:id:shishi4htn:20171103140132j:plain

ただこちらもケベック州、相変わらずフランス語が基本です。とはいえさすがに駅構内は英語もほぼ併記されており、大きな駅といえども迷うことはありませんでした。

さて、ここからが今回のカナダ東部旅行で一番印象深く残っているモントリオールの始まりです。が、続きは次回です!(笑)