駆け出し陸マイラー

マイルをできるだけ楽に大量に稼ぐリアルな実践とマイルで世界を飛び回る記録。記事日時が古くても随時更新しているのでご安心を!

ANA プレミアムエコノミー 羽田バンコク 搭乗記

もう日本では暑い日も増えてきた5月末ですが、まだまだ日本が寒くてたまらなかった2月にバンコクに行っていました。僕は1月の大雪の日に生まれたらしいのですが寒いのがとても嫌いな性分でして、なんとかして寒いのから逃れるために常夏の国へ行ってきました。

今回はSFC修行の一環でもあり、実費をかけてプレミアムエコノミーに乗りました。

関空から羽田へ

今は京都に住んでいるため、ANAでバンコクへ行こうと思うと羽田へ一度向かうことになります。関空は大阪の端っこにあるため国内移動には不便なのですが、取れたチケットの都合で関空から羽田に向かいます。しかも当日家から向かっていては間に合わないので前乗りすることに。

関空の駅では謎の戦隊モノキャラがお出迎えしてくれました。

この際に泊まったホテルは関空隣接のファーストキャビンというカプセルホテルです。国内空港や市街にいくつかありますね。種別としてはカプセルホテルなのですが、その割には割と広く、どこも清潔です。何度か使用していますが、寝るだけならオススメです。

ちなみに、宿泊プランにはビジネスクラスとかファーストクラスとか別れているのですが、本当に寝るだけで全然OK!という方はビジネスクラスでOKですが、多少ゆとりの必要な方はファーストクラスにすると良いと思いまし。ファーストクラスにするとカプセルホテルゆえ鍵をかけることはできませんがベッド以外にもスペースがある部屋的な空間を専有できるのでカプセルホテル感があんまりありません。

機内

今回痛恨の失敗をしたのですが、座席の写真を取り忘れました!記憶の限りでお伝えします。

この機種だったはず…

www.ana.co.jp

座席配置はもちろんビジネスクラスの直後、2-3-2配列でした。

プレミアムエコノミーの利用は初めてでした。僕は人より体が大きいため、エコノミークラスの席に座るのは台湾に行くときでさえちょっとつらかったのですが、プレミアムエコノミーでは到着まで座席に不満はまったくありませんでした。

十分に余裕のある幅、足のスペースがありました。よほど足の長い人でない限り窮屈だと感じることはないのではないでしょうか。

この乗り心地であれば正直プレミアムエコノミーをマイルで取れるなら毎回これで良いんじゃないかと思ってしまいました。正直なところ機内食にはあまりメリットを感じていない(地上で同じ値段を出せばもっと美味しいものがもっと安く食べられる現実)のでエコノミーと同等クラスで十分。ビジネスクラスに乗るのは主に座席のためなので、全然アリな選択肢だと発見できました。まあ現在の制度ではとれないので仕方なくビジネスを取りますが…

機内食

そんな話をしたあとで恐縮ですが機内食です!こちらはなぜか写真を撮っていました。このときは食べることのほうが執着は強かったんでしょうかw

エコノミーと同じ食事にビジネスと同じデザートなんですが、正直十分です。

といいつつ食べてみたかったというだけで少し無理して一風堂ラーメンを。ビジネスクラスだとちゃんとした器で提供されるのですがこれはこれ。こういうことにもこだわりはないのでもらえるだけで全然OK。ますますプレミアムエコノミーを常用したくなります。お味としては特別言うことはありません、ふつうに美味しいカップラーメンでした(笑)

到着

そんなこんなで映画を一つ見たぐらいで到着の運びとなりました。

タイの入国は結構並びます。ハワイとかほどではないですが、ある程度はかかるものと思っていたほうが精神衛生上よろしいかと。

また、タイに詳しい知人いわく、昔は入国カードに何も書いてなくてもスルーされていたけども、今は電話番号(日本のもので良い)や滞在先がキッチリ書かれていないときっちり追求されるようです。

ちなみにそれを聞いていた僕はキッチリ書いていたので10秒ほどで通過できました。

そして空港を一歩出たあとの開放感!暑さ!最高でした。旅行記はまた別に書こうと思っていますが、めちゃくちゃタイを気に入ったのでもう色んな所に何度でも行きたい気持ちになって帰国できました。あー早くまた行きたいです。でも今度はだいぶ優遇されてそうなタイ航空のビジネスクラスを使ってみようかなと思っています。